河野太郎大臣など政治家等がSNSで国民をブロックすることはアメリカのトランプ氏の裁判例や、憲法の「表現の自由」やパブリック・フォーラム論等から違法と判断される可能性がある。