いろいろ怖い。

「#駆け出しエンジニアと繋がりたい」を使う側も、それを暴き出してしまう側も。