ここ数年の中国はどこの都市でも、IT系のスタートアップパークが郊外に次々と生まれている。都市の戦略やパークの運営方針によっても異なるが、概して入居のハードルは低く、半年から1年程度の運転資金なども支給、貸与されるのが一般的だ。