味やにおいの成分をデータに変換し再現する技術開発が進んでいる。明治大学の宮下芳明教授は電気信号を使った味の再現技術、キリンホールディングス(HD)は塩味を加減できる箸などを開発。有名店の味を忠実に再現した食品開発やヘルスケアに生かす。離れた人と味やにおいを共有する技術も進み、広告配信などビジネスへの幅広い応用が期待される。「動画や音楽を共有するように、自分が食べた味を人と共有できる日もそう遠く

www.nikkei.com / 1ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。