あらゆるモノがネットにつながる「IoT」機器でソフトウエア更新を行わないサポート切れにより、12万台の製品がサイバーセキュリティー上の欠陥があるまま放置されている恐れがあることがわかった。一部でもソフト更新が進まないと、脆弱性を残したままになる。サポート切れを知らずにいたり、買い替え費用を節約したりする人がいることが、サイバー攻撃リスクの拡散につながりかねない。調査はセキュリティースタートアッ

www.nikkei.com / 2ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。