医療分野での人工知能(AI)を使ったソフトウエアの普及が規制によって阻まれている。X線や内視鏡の画像診断支援ソフトなどで、日本の承認件数は米国などに比べて大幅に少ない。政府の規制改革会議は25日、承認や審査の仕組みを改善し迅速に対応するよう厚生労働省に要求した。医師が病気を見つけ出すのを支援するため近年はAIなどを活用した先進的なソフトが次々と生まれている。これらは「プログラム医療機器(SaM

www.nikkei.com / 1ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。