サイバーセキュリティ関連サービスを手掛けるチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は10月29日、2022年に注意すべきサイバーセキュリティ上の課題をまとめたレポート「Check Point Software’s 2022 Cyber-security Predictions」を発表した。新型コロナウイルスの混乱を悪用したフェイクニュースの拡散が引き続き行われるほか、ディープフェイク、仮想通貨、モバイルウォレットなどを悪用した新たな手口を予想している。

INTERNET Watch / 2ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。