米Amazon.comが最新テクノロジー「Just Walk Out」を投入して無人決済店舗「Amazon Go」を1年あまりの内部運用を経て一般公開したのが2018年1月のこと。当時、サンディエゴ取材の合間を縫って同本社のある米ワシントン州シアトルまで1号店の取材に行ったのは4年近く前のことになる。それから同社はAmazon Go店舗を米ニューヨーク、イリノイ州シカゴ、カリフォルニア州サンフランシスコに次々とオープンさせてきたが、現在一時閉鎖中のものも含めて20前半台の店舗しか存在していない。コロナ禍においてリアル店舗運営に逆風が吹いているという事情もあるかと思うが、Amazon自身が「何か実験をしつつ方向性を模索している」という意図も感じている。

www.watch.impress.co.jp / 11日

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。