3 picks

Coinhive、Wizard Bible、ブラクラ補導——ウイルス作成罪をめぐる摘発が相次ぐ昨今、エンジニアはどのように自身の身を守るべきか、そもそもウイルス作成罪をどのように解釈し、適用すべきか。Coinhive事件の被告人弁護を担当した平野弁護士と証人として証言した高木浩光氏が詳しく解説した。 (1/3)

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

3ヶ月前
今回のCoinhive事件において、IT業界かつ刑事事件という少ない事例の中で国選弁護人は使い勝手が良くない。そこで、私選弁護人への手配をハッカー協会が担っていたことを恥ずかしながら初めて知りました。

また、Coinhiveはウィルスと違い、収益化の方法という(ポジティブな)側面があり、これが賛否両論に値するものとし、不正指令には該当しないと判定されたわけですね。
@IT

自動PickBot

3ヶ月前
Pickしました
ITmedia 最新記事

自動PickBot

3ヶ月前
Pickしました

配信メディア

@IT

新着ピック  






















記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。