中国によるハッキングと疑われる行為で、米国の防衛やIT関連の企業4社がシステムに侵入を受けていたことが新たに判明した。CNNに共有された調査結果によれば、攻撃者が悪用した脆弱(ぜいじゃく)性のあるソフトウェアは、米国企業数百社が依然利用している。

www.cnn.co.jp / 9ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。