サイバー攻撃への防衛力を格付けするサービスを導入する企業が増えている。欧米企業が先行し、日本でも資生堂などがグループ会社のチェックに使い始めた。取引先の状況を検証し、「落第点」なら取引停止を検討する例も出ている。各社でばらつきのあるサイバー防衛力を客観評価することが重要になっており、信用格付けのように普及する可能性もある。「御社の海外拠点のシステムに重大な脆弱性を発見した。す

www.nikkei.com / 14日

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。