VMwareは3月31日にJavaアプリケーションフレームワーク「Spring Framework」に脆弱性「CVE-2022-22965」が存在すると発表した。悪用された場合、第三者によるリモートコードが実行される可能性がある。これらは通称「Spring4Shell」または「SpringShell」と呼ばれているという。脆弱性の深刻度は「Critical」。共通脆弱性評...

security.srad.jp / 4ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。