公衆無線LANは盗聴の危険があると言われていますが、常時SSLが普及した現在どのような状況で盗聴される可能性があるでしょうか。この動画では偽のアクセスポイントを使ってしまった利用者を想定して、かつサイトのドメイン名は本物であるという前提での盗聴を実演を交えて解説します。また、背景知識として、いわゆる「ウェブ認証」...

YouTube / 4ヶ月
tamo san

4ヶ月前

徳丸先生の動画。利用者側での対策方針(httpsのエラーが出たら無視せずにやめる)もあり、httpsだから安心でしょ?と思っている人は一度チェックを:偽Wi-Fiアクセスポイントで本当にパスワードは盗聴できるか試してみた - YouTube
appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。