日経新聞の「月曜日のたわわ」の広告が炎上しているが、電車の中の車内広告がそのような宣伝を聞きたくない人の自由(権利)を侵害するものか否かが争われた「とらわれの聴衆」事件判決に照らしても、この日経の宣伝広告を批判している人々の主張は法律論としては正しくない。