Malwarebytes Labsは4月29日(米国時間)、2021年に悪用された脆弱性のトップ5の詳細について伝えた。これは、米国(CISA、NSA、FBI)、オーストラリア(ACSC)、カナダ(CCCS)、ニュージーランド(NZ NCSC)、および英国(NCSC-UK)と各国のサイバーセキュリティ当局が共同で公開したデータによるもの。

マイナビニュース / 2ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。