高齢者の健康増進や社会参加にテクノロジーを生かす研究が進んでいる。仮想現実(VR)でリハビリをしたり、旅行や趣味を楽しめるようにしたりする。2050年ごろには、高齢者がVRなどを活用して健康を維持するとともに、現実世界だけでなく仮想(バーチャル)世界にも活躍の場を見いだしていそうだ。高齢者がVRゴーグルを装着し「バーチャル旅行」を体験する――。横浜市の高齢者施設で、こんなリハビリの有用性を確か

www.nikkei.com / 1ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。