どっちかというと、書かれているMarkdownの表現方法が勉強になる