コードレビューは「コードの欠点を指摘する行為」ではない - id:anatooのブログ

blog.anatoo.jp / 1年

コードレビューを「コードの欠点を指摘する行為」だと無意識に思っている人を見かけるけども、そういうふうに認識しないほうがチームにとって良いですよ、という話。理由は以下。 レビュワーの方がレビュイーよりも実力が無いといけない、という認識と結びつきがち チームの若いメンバーがレビュワーになりづらくなる 古株のメンバーやリーダーの書いたコードがレビューされなくなる レビューで指摘された項目がない = (指摘された欠点が無いということなので)良いコードという図式になりやすい レビュワーが欠点を指摘するあまり攻撃的なレビューをしてしまうことがある 逆にレビュワーがレビュイーに遠慮してあまりレビューしなかっ…

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

1年前

スカスカな記事ですが(後日記載とのこと)、古株やリーダーのコードがレビューされない問題は結構重要ですね、、、。コードレビューが網羅性ではなく規定ルールに則ってるかを見る軸だけになると失敗する傾向にあると思います。
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。