はっきりさせておこう。ビットコインと、フェイスブック(Facebook)の仮想通貨リブラ(Libra)に対するドナルド・トランプ米大統領の批評を非常に重要なものにしたのは、2019年7月11日付のツイートの中身ではない。 トランプ大統領が、自身は「『はっきりとした基礎を持たず』『非常にボラティリティが高く』『不法な行為を助長する』仮想通貨の『ファンではない』」と公言したことや「『アメリカドル』という名の『頼もしく信頼できる』通貨」の方がずっと好ましいと述べたのは驚くべきことではない。 重要なのは、現役の大統領が仮想通貨に言及したという事実そのものなのだ。確かに価格の観点から言えば、トランプ大統領の軽蔑的な発言は結局のところ、ビットコインにとってプラスとなるものだ。2019年7月12日(現地時間)夕方までには、ツイート以後の価格変動がそのことを反映している。 さらに重要なことに、今回のツイートは、マネーと政策を巡る公の会話において、徐々に確実に増している仮想通貨の持つ存在感を象徴する節目となるものだ。 グローバルなマネーシステムの形を巡る壮大な戦いの始まりともなる。 買うことのできない注目 トランプ大統領...

www.coindeskjapan.com / 2年

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。