IPAおよびJPCERT/CCは、Oracleが提供する「Oracle Solaris 11 および 10」に、/proc/self のアクセス権が適切に制限されていないことに起因する、任意のコード実行が可能な脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

ScanNetSecurity / 2年

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。