パイプライン処理は、演算器を複数段のパイプラインで構成し、毎サイクル、新しい入力データを供給してやるこという構造で、ベクタが十分に長い場合、パイプラインの長さだけの演算が並列に実行できる。このため、多数の演算器を作って、並列に動作させれば、より性能を出せるはず、として生み出されたのが並列コンピュータとなる。

マイナビニュース / 2年

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。