Qualcomm(クアルコム)が10年ほど前のUMTSベースバンドチップ販売時に不当な価格引き下げを行ったかどうか、長い間続いていた独占禁止に関するEUの調査は、クアルコムに2億4200万ユーロ(2億7100万ドル)の制裁金を科すという結果となった。

TechCrunch Japan / 2年弱

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。