2 picks

いろいろ事業やら取り組みやらをやりたい時に、会社の中でどうハックするかの基本構造をダラダラと書いてみる。あまり […]

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

9ヶ月前
スタートアップに身を置いているため、投資家からの資金調達プロセスで考えると頭がスッキリした。

・スタートアップ経営者が何か事業を始めようとする
・投資家に対して事業説明と資金を得る交渉をする
・投資家は、経営者の「実績」を下地に事業成功の可能性を考える
・投資家は、経営者とその事業でなし得るゴールに「期待」して出資する
・経営者は、調達した資金でヒト・モノ・カネを動かす「権利」と事業成功の「責任」を負う

会社でも同じで、なにかの業務遂行する権利には責任がありますよ、ということでしょうか。
Kubotta Shinya

9ヶ月前
適切な負荷、って難しいよなってのと、上司にとりあえずこれ読め自分が働きたいのはこんな上司がいる会社だ、って言いたいのと、それが後輩からブーメランで返ってきそうだなって反省が一気に

新着ピック  






















記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。