シリコンバレーで生き残るということ。 - kikidiary’s eye

kikidiary.hatenablog.com / 1年

よく、アメリカで働くことをお勧めする人たちがいるし、最近はそういう人をTwitterでフォローしたりもする。そういう人たちは高い能力を持っていて、日々活躍していく人も多いので、それは素直に応援していきたいと思っている。 ただ、なかなか苦しい話だが、シリコンバレーという場所は一方でなかなか生きていくのが大変なところでもあるのだなあ、と思わされるシーンがたくさんある。 よく言われていることとしては高すぎるリビングコストだ。家賃はようやく落ち着きつつあるが、2ベッドルームで3500ドルから4500ドル近辺をマークするほどで非常に高騰している。幼稚園や学校の費用、医療保険、自動車保険、火災保険、ガス水…

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

1年前

シリコンバレーの実情は本当に光と闇があると感じますね、、、。1200万でも貧困と言われる中、生き馬の目を抜く環境はストレスもハンパないんだろう。
Tanaka Jun

1年前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。