2 picks

独裁国家が政府認証のルート証明書導入を国民に強制、ISPによる中間者攻撃も確認される

一党独裁体制で知られるカザフスタンでは、2016年から政府認証のルート証明書のインストールが国民に義務づけられました。しかし、このルート証明書を導入すると、暗号化されているHTTPS通信が政府に傍受される可能性があると批判されていました。2019年7月18日になって、Firefoxを開発するMozillaのフォーラムで、実際にカザフスタンからHTTPS通信を傍受する中間者攻撃が行われていたことが一部のユーザーから報告されています。

続きを読む
ozeki yuki

web界隈

1年前
国の監視とインターネットは合わない典型だと思います。国主導でセキュリティホールつくっては仕方がない
Kouya

1年前
Pickしました

新着ピック  







山本 聡山本 聡3時間前フリーランスWebフロントエンドエンジニア















記事をPICKする
appstore
googleplay
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。