Slack のインフラはどのように進化してきたか? - NewsPicks Tech Guide

tech.newspicks.com / 1年

NewsPicks エンジニアの @monzou です。こんばんは。 前回の投稿から随分間が空いてしまいました。QCon NY 2019 のセッション「Scaling Slack Infrastructure」の参加レポートです。 セッション内容 登壇者は Slack の Senior Director of Infrastructure Engineering である Julia Grace さんです。彼女は Slack の最初のインフラ担当エンジニアで、2 年間で 100 人ものエンジニアを抱えるインフラ組織をつくりあげました。このセッションでは、彼女が Slack にジョインしてからの歴…

この記事をPICKする

hatenabookmark
これスタートアップのエンジニア組織としても興味深いですね。0 → 1 フェーズは、ビジネス的にもPMF(Product Market Fit)を達成する前で、ピボットの可能性やチームに必要なスキルが見えづらく、ジェネラリスト(個人的に「フルスタックエンジニア」と解釈)を採用していくのがベター。

そして、1 → ∞ フェーズに入るに従い、徐々に組織が作られていき、分野ごとのスペシャリストを揃えていくわけか。
山下

1年前

Slackは、もとはモノリシックなサービスだったのか。
インフラの重要性を説いた人に加えて、開発者が受け入れて変化できた点が強いですね。
表に全然でてきていない苦労が相当あったのだろうな~と想像します。面白く、そしてすごいですね。
Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。