インタラクションというはたらきの言語化を試みる|usagimaru ⌘ Satori Maru|note

note / 1年

UIデザインの世界ではインタラクションというはたらきについて考える機会が多くあります。インタラクションは相互作用と訳されることもありますが、この“相互”という部分に着目し、デザインとしてどのように捉えられるのか、どう活かすのか、直近の考察を述べたいと思います。 解釈:インタラクションとは何なのか 実際には学術的な定義などがあるのかもしれませんが、私なりに「こういうことではなかろうか」という解釈に基づいて話を進めてみたいと思います。 人間と道具のインタラクションというものを考えたとき、インタラクションとは、 「人間」から「道具」への作用 「道具」から「人間」への作用 これらが

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

1年前

Pickしました
Nomura S

1年前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。