Uberの元CEOであるトラビス・カラニック氏は、「クラウドキッチン」で大きな賭けにでてくるかもしれない。

一般的なレストランは開業するのにお金がかかりすぎてしまう。レストラン経営者は、クラウドキッチンを使うことで、他の人々と施設を共有し安価に始められることができる。
すでに中国では、北京を拠点とする2社が同様のサービスをはじめてきています。

カラニック氏が過去のUberの中国撤退から、より早く、そして当局と良い関係を保てるように、地元のパートナーと組むことを念頭に置いているのではないかと報道されています。