Hadoopの上で動作するアプリにメモリを多く割り当てるため空間計算量を考えたコーディングが求められる。空間計算量は記憶領域の容量なので、少なければ多くの計算ができるわけで、これが競技プログラミングで求められるスキルと精通する部分なのですね。