継続する社内勉強会の仕組みづくり #nanaな日常|nana box|note

note / 1年

こんにちは、nana musicでAndroidエンジニアをしているYoung (@akihito-okada) です。Androidアプリの開発とAndroidチームのリーダーの役割もさせてもらっています。 エンジニアの社内勉強会について 他の会社のエンジニアの方と話すと、勉強会はやりたいと思っているけどできていないとか、勉強会はしているけど仕事が忙しくてあまり続かないといった声を聞くことがあります。 僕がnana入社した当初、Androidチームは社内勉強会をしていませんでしたが、1年くらい経った頃から、エンジニアが増えたこともあり勉強会をするようになりました。 はじめ

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

1年前

週次勉強会は話題の技術について話す座談として(場合によっては月次の話題決め)、月次は勉強した上でアウトプットを発表するという会だと続けやすいですね。
関さんいつもPickありがとうございます!

過去にやった勉強会の反省点として、参加者全員がバラバラの課題をやるのは良くないかなと思っています。

みんな知らない技術だと、発表して拍手して終わってしまう。ある程度知識があったり、同じテーマでパート別に分けるなどすると建設的な議論に広がりやすいです。
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。