ダイソー快進撃を支える「毎晩105億件データ処理」する需要予測システムはどう生まれたか

BUSINESS INSIDER JAPAN / 1年

小売業にとって、在庫管理は店舗ごとの売り上げを最大化させるための重要な業務だ。1コイン業態の大手大創産業(ダイソー)を支える在庫管理・需要予測システムがどのように作られたのか。先週開催されたAWS Summit Tokyo 2019のセッ

この記事をPICKする

hatenabookmark
yuasa koji

1年前

小売とか業態はまったく関係ないのがわかる
なによりRedshift+Lambdaという構成がイケてる

システム部門を守りとか言ってる大企業はみたほうがいい
105億件を一晩で処理するために選ばれたAWS。
ビジネスにクラウドが役に立った好例ですね。
確かに!攻めのシステム部門。勉強になりました。
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。