配達空振り、わずか2% 電気使用量でAIが在宅予測

www.nikkei.com / 1年

国内の宅配便業界は慢性的な人手不足や増え続ける荷物による「宅配クライシス」に見舞われている。出口が見えないこの問題にスタートアップが解決の道筋を示そうとしている。人工知能(AI)を使った経路指示など

この記事をPICKする

hatenabookmark
これは賢いというより正しい。配達員もエリアの家庭状況を把握したうえで、その日の配達ルートを決めている。

実績とスマートメーターでダイナミックな配達ルート決定が出来たらかなり効果があるでしょう。
ラストワンマイルは日本に限らない問題。
効率的な配送ができたらパッケージとして海外に売れますね。
関 昌弘

1年前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。