コンテナランタイム「runc」に脆弱性、DockerやKubernetesなどに影響

thinkit.co.jp / 1年

 オープンソースのコンテナランタイム「runc」に脆弱性が発見された。この脆弱性を悪用されると、悪質なコンテナにより他のコンテナが破壊されたり、root権限を不正に取得されてしまう恐れがある。コンテナの破壊は大規模に行われる可能性もあるという。    「runc」はDocker、Kubernetes、containerd、などにも組み込まれているため注意が必要。この脆弱性を修正するパッチは2月12日(現地時間)に公開されており、Red HatやAmazon Web Servicesもアップデートを公開している。ユーザはセキュリティアップデートを施す必要がある。 (川原 龍人/びぎねっと)

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

1年前

Pickしました
Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。