働く時間が減っても、生産性が落ちないように工夫した結果|入江 慎吾|note

note / 1年

赤ちゃんが生まれてそのサポートで、使える時間が2分の1くらいに減りました。そのおかげで、オイシックスで料理をするのが楽しくて料理に目覚めてます。 時間が減ったらどうなったかというと、働き方も当然変わります。でもやりたいことはたくさん。では、どうするか。 デスクにいるときとそうでない時にやる仕事をわける 机で仕事をできる時間が1日3時間くらいしかないのですが、そこにいる間はプログラミングだったりデザインだったり、作業をする時間だけをやるようにしました。 もともと週間でこのように仕事をしているんですが、その時に「考えること」と「作業すること」をわけました。

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

1年前

これは子育てに限らず今の仕事のやり方を考える上で参考になりますね。デスクに座るときはPCでしかできないことをする。あとは、スキマ時間で片付ける。エンジニアはPC依存が強いのでスマホでもなるべく仕事をすれば生産性を上がりますね。
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。