アプリ内課金の回避法まとめ (2019/2月)|髙城賢大(たきけんた)|note

note / 1年

こんにちは TIMEPACKの髙城(タキ)です。 皆さんが普段使っているスマホアプリ。最近は少しずつ課金に対する抵抗もなくなってきて気軽に課金するユーザーが増えている印象ですが、開発者がAppleやGoogleに支払っている手数料がいくらかをご存知でしょうか? サムネに答えを書いてますが、なんと30%です! 厳密には1年目が30%2年目以降も継続しているユーザーは15%になりますが、それでも高い。。。 仮に10万人から毎月490円購読課金してもらえるサービスを作っても、5億8800万円の売り上げのうち、初年度は30%の1億7640万円もプラットフォームにもっていかれちゃうわけ

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

1年前

有名アプリがアプリ内課金の手数料を回避している方法を紹介してます。あまり見たことないエントリーで良いですね!まぁ30%の手数料は純粋に高いですが、、、ペイメント会社の審査も不要でわりとカンタンに導入できる点で、スタートアップにとっては重宝する課金手段ではありますけどね('ω')
離脱の高い課金を、なるべくストレス与えない動線に心がけてるが
自社サイトに堂々と誘導できる大手サービスはやっぱり強い
Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。