レスポンシブデザインのブレイクポイントの正解はこれだった[2019最新版] - webのあれこれ

hashimotosan.hatenablog.jp / 1年

PDFはこちらからどうぞ[500KB] 2019年Pixel 3aやGalaxy S10など一通り新機種が発表されたので、2019年改めてブレイクポイントについて考えてみました(3年ぶり!)。 3年経ってほとんどのサイトがレスポンシブデザインになって、ブレイクポイントを少なく効率よく設定していく方向になっているのだと思います 前回、ブレイクポイントの設定はフレイムワークも参考に考えていましたが、改めて考えてみると、モバイルファーストの観点からも640px/1024pxではないのではないかと感じました。 以下が3年前の前回の記事です。 hashimotosan.hatenablog.jp いくつ…

この記事をPICKする

hatenabookmark
ありがたいです泣
サイト制作のレスポンシブ対応は意外と面倒。。
ブレークポイントは「なんとなく」って感じだったので、これからは「560px / 960px」ですね。ありがとうございます。
スマホ 320〜559px
タブレット 560〜959px
PC 960px以上

今後はこれベースで設計すると良さそうですね。
MIITON

1年前

Pickしました
鳴瀬 涼

1年前

Pickしました
tom__0024

1年前

Pickしました
Pickしました
kagi_jtms

1年前

Pickしました
Pickしました
Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。