Bytedanceが運営するDouyin(国際版ネームは「TikTok」)と、TencentのWechatの競争が激化しているとのこと。それもアプリ自体ではなく、アプリ内ミニゲームの方である。

ただ、「ミニ」というにはミスマッチで、マクドナルドやナイキのようなグローバルブランドもゲーム内に広告を出すほど既にビッグビジネスに成長している。

これからアプリ同士が競合という境目はなくなり、熾烈なプラットフォーム戦争になりつつあるのが分かりますね。