資金の代わりにクリエイティブを“投資”する--スタートアップ特化の専門家集団「NEWS」

CNET Japan / 1年

資金調達やビジネス、テクノロジーなど手厚くなってきたスタートアップの支援体制だが、欠けているピースに「クリエイティブ」が挙げられるだろう。トップクリエイターに依頼しようとしても、多くのスタートアップではコスト感が合わないのが現状だ。その仕組みを変え、ストックを報酬とすることで、トップクリエイターがスタートアップに密着し、ブランディングからマーケティング、コミュニケーションまでをサポートするのがクリエイティブ専門集団「NEWS」だ。立ち上げメンバーである梅田哲矢氏、高木新平氏、佐々木芳幸氏に設立の狙いを聞いた。

この記事をPICKする

hatenabookmark
これ面白い。

プロダクトがMVP(Minimum Viable Product)を達成すると、次に必要になってくるのがブランディングですが、創業者にクリエイターが含まれないケースは結構多いです。どうしても、プロダクトをつくるエンジニアが中心なってしまうからですね。ですので、次のビジネスデザインの設計に加わってもらえるのは、結構心強い。
何に投資をするのかってすごい大事。Amazon が研究開発やインフラにどんどん投資してるように投資先や方法はさまざま。
お金ってなんだ?ってたまに考える。
それは信頼だったりクリエイティビティだったり、「自分がもってて相手がもってないもの」みたいな気がする。
「誰かに与えてあげられるだけの何か」を習得するために今日も頑張る。
CNET Japan

1年前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。