コーポレートITという仕事(自らの志向編)|K.Higashi|note

note / 1年

前回の記事ではだいたいどんな感じのスキルを以って、どんな感じの業務を受け持ち、それが必要とされる背景は何か、といった一般的なコーポレートITについてご紹介しました。 それを踏まえて、僕がこの仕事をどういう意識でやっている(つもり)か、ということを今回はお話したいと思います。 コストセンターになりたくない 経営学の分野に「コストセンター」というタームがあります。あえて身も蓋もない言い方をすると、金だけ食って利益を産まない部門、という意味を持つ言葉です。 かつて僕が所属していた会社にて、総務・経理・情シスがいる部屋にウォーターサーバが欲しい、と経理部長が社長に申し出たことがありま

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

1年前

情シスからコーポレートITに名称を変えつつあるようですね。むしろSREという境目がわからないですがブランディングに近い任務も情シスに求められる時代ですね。
ほげ

1年前

情シスには、現場を徹底的にサポートする、IT戦略で会社の方針を自分で決めてやるといった気概が必要です。
Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。