Railsは2018年も現役か?: 前編(翻訳)

TechRacho / 2年弱

次記事: Railsは2018年も現役か?: 中編(翻訳) 概要 原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。 英語記事: Is Rails still relevant in 2018 ? 原文公開日: 2018/08/16 著者: equivalent 記事は3分割しました。画像は元記事からの引用です。 Railsは2018年も現役か?(翻訳) Rubyから別の何かに乗り換えることを検討中のWeb開発者から、数日前にこんなメールを受け取りました。 まったく新規から始めるとしたら、バックエンドにRubyかElixirかJSのどれを選ぶ? このメールで他に重要と思われる部分は、現在の彼はもっぱら自分のサイドプロジェクトに関心を寄せていることと、主な懸念点は開発速度と開発のしやすさであるということです。 メールに返信を書き始めたのですが随分と長くなってしまったので、この際記事にすることにしました。 ご興味をお持ちいただいた方に趣旨を簡単にまとめます。 本記事では最初に、Web開発の哲学や仕事と人生についてざっと眺め、それらの意義をよりよく説明できる技術的側面に光を当てます。 忙しい人向けのまとめ 長すぎて読ん...

この記事をPICKする

hatenabookmark
鳴瀬 涼

2年弱前

Pickしました
uragami ryo

2年弱前

Pickしました
清水 風音

2年弱前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。