10 picks

SESで働くエンジニアのメリットについて(SESの光と闇、光の方の話) - Qiita

##前置き ※この記事はあくまで私一個人の経験や意見ですので、 そうではないと思う方もいると思いますし、その方を否定はしているものではありません。 ##なぜこの記事を書いたか SESをネットで検索すると極端に悪く言った記事とか、...

続きを読む
Suzuki Yutaro

一人会社の代表社員

7ヶ月前
デメリットの面ばかり挙げられることが多いですが、メリットは確実にあります。
自分もSESで仕事をしていて、現在もフリーではあるものの客先で仕事をしているので、恩恵を受けた部分も多いです。
きちんと案件を選べれば色んな会社、事業、フェーズ、スキルに携わって経験を積めるのは結構なメリットです。

ただ、SESメインの会社でずっと働き続けるのは正直しんどいです。
ここでは光の面に焦点を当てているので細かくは割愛しますけど。
SESの会社で技術を磨きながらある程度したら事業会社に転職するなり独立するなりを視野に入れるべきと思います。
あくまでも会社に人を送り込んで収益を得るモデルなので、送り込む人の成長とかスキルアップに対して会社がなにかしてくれるとかはあまり期待すべきではありません。
スキルアップや人脈づくりは外に出て行いましょう。まあ当然といえば当然ですね。

とりあえず言えるのは、思考停止でSESは嫌だサービス企業がいい、というのは違うということですね。
ちゃんとメリット・デメリットを考えましょう。

SESという業態については法的な面だったり産業構造的な面だったり、様々な観点からたくさんの議論がなされていますが、それら全てにはここで触れられないのでそのあたりは割愛します。
ほげ

7ヶ月前
準委任契約で常駐する場合は一言でいうと運です。

客先の方に信頼されかわいがってもらって、うちの社員にならない?と声がけされる事もありますが極めて稀なケースです。
それにお客さんはそれほど技術に精通してる方は少ないので、もし技術の幅を広げようとすると自分でセミナーに行ったり自己啓発に努めるしかありません(常駐している他社の方と仲良くなる手もあるのですがこれも運ですよねぇ)
基本SESメインの会社には長く居るべきでは無い、というのが個人的な意見です。
そーすい

ソフトウェアエンジニア

7ヶ月前
SESで10年ほど働いていましたが転職しました。
1チーム数名の案件なら、要件定義から実装、保守、運用まで幅広く経験できる事もあります。

数百人の大規模案件になると、受注している会社がピラミッド構造になり、タスクが細分化され過ぎてて自分が何をしているのか分からなくなります。

またほとんどの客先では新規開発は無く、10年以上前のシステムの案件もあります。
そのため技術的な知識を学習するには向いていないでしょう。

やはりどこの客先になるかの運が大きいと思います。
ozeki yuki

web界隈

7ヶ月前
ほげさんに同感です。これは採用する側に立つとわかるのですが、SESの場合技術を使える人を多少高くても採用しますが育てるつもりはないです。なので個人の成長はあくまで自分で頑張るに依存します。しかも独学で身につけた技術を社内と違ってヤスヤスとは使わせてはくれないです(お金出してるので業務に関わってもらいたいはずです)

昔SESいましたが40代になったときに結構先細りになる気がして自分もやめました。
上村 直紀

フリーランス(稼働中)

7ヶ月前
間口が広くて色んな会社を知れるのはSESの良いことだと思うけれど、自分から常駐先改革するくらいの勢い無いと先は無いですね
今こんな技術使ってる、その背景を調べる、実はこれがいいんじゃない?って提案するとかね
Minakawa Yuki

DMMGAMES FrontendEngineer

7ヶ月前
これまでいろんなSESの方々と関わってきたけど、良い印象しかない
関 昌弘

Webエンジニア

8ヶ月前
SESの2次受けをとる会社に未来はないと思うが働くエンジニアにはメリットはいくつもあるだろう、、、。SESがダメではなく自分の働き方が適切かを自分で判断すればいいと思います。
yatta 47

8ヶ月前
心持ち一つで良くも悪くもできるというのを感じた。
Pickしました
kagi_jtms

7ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。