“Visa決済”ができるウォレットサービス「Kyash」の技術スタックと目指すべき場所

ログミー[o_O] / 1年

2019年7月24日、ヤフー株式会社が主催するサーバーサイドエンジニア向けの勉強会「Bonfire Backend #3」が開催されました。第3回となる今回のテーマは「モバイル決済の裏側」。急速に成長するモバイル決済分野でサービスを展開する企業が一堂に会し、自社サービスの仕組みや技術スタックなど、知られざる裏側を語ります。プレゼンテーション「Kyashの今とこれから 〜Walletの学びとDirectの挑戦〜 」に登壇したのは、株式会社Kyashの松田優貴氏。toCのWalletサービス「Kyash」の仕組みと、新たに発表されたtoBの決済プラットフォーム事業「Kyash Direct」における挑戦について語ります。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Pickしました
Pickしました
Pickしました
Pickしました
Pickしました
Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。