警視庁のセキュリティー演習に一般企業の160人が参加、オリパラ守れるか

日経 xTECH IT / 1年

 警視庁は2019年6月17日、サイバー攻撃を受けた際の対策や原因調査の方法を学ぶ「サイバーセキュリティ机上演習」を東京都内で開いた。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの公式パートナー企業などの担当者約160人が参加した。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

1年前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。