大規模フロントエンドの技術的負債と向き合うためにやったこと

ログミー[o_O] / 1年

2019年7月6日、株式会社サイバーエージェントが主催するイベント「Battle Conference U30」が開催されました。30歳以下のエンジニアによる30歳以下のエンジニアのための技術カンファレンスである本イベントには、さまざまな領域で活躍する若手が登壇。企業の枠を超えて、自身の技術・事業・キャリアに関する知見を発表しました。「大規模フロントエンドの技術的負債と向き合う。」に登壇したのは、サイボウズ株式会社・外松俊尚氏。登壇資料はこちら

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

1年前

> 技術的負債を解消しないと世界の進化に追従できなくなって、恩恵を受けれなくなる
これはたしかに、、、技術負債の問題は実装の問題やパフォーマンスが話題の中心になるけど、プロダクト視点でみると新しい技術を取り込めなくなり競争力がなくなっていく事なのかもしれない。
自分自身新卒2年目で、ちょうどフロントエンドでしかも割と「今風」じゃない(エコシステムの恩恵を受けにくい)ものの管理者をしていて、とても参考になる。現場が求めているのは改革じゃなくて意味のあることだということを再認識させられた。
hormist

1年前

Pickしました
kgsi

1年前

Pickしました
Pickしました
Kouya

1年前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。