AWS大障害の真相、不具合が連鎖して冗長構成の「安全神話」が崩壊

日経 xTECH IT / 1年

 2019年8月23日午後、Amazon Web Services(AWS)が6時間ほど停止した。日本のクラウド市場で5割近いシェアを持つだけに影響は大きかった。原因は東京リージョンの一部エリアで発生した空調設備の故障だ。制御システムにフェイルオーバーしないバグがあり、機器制御装置も異常動作した。

この記事をPICKする

hatenabookmark
クラウドといえど裏には物理のインフラがあるので、そりゃそのインフラが壊れてしまったらダメなもんはダメです。
じゃあ他のサービスなら大丈夫かというとそんなことはなく、レンタルサーバのサーバが飛んだりしたらもっと影響がでかくなる可能性は高いでしょう。

ただ、便利すぎるがゆえのロックインはあるので、システムの特性を考慮しつつこういう非常時にどうするのかを予め考慮しておく必要はありますね。
場合によっては割り切ることも必要です。
Ken Ueno

1年前

初の大規模障害なのとAWSの可用性からみて書かれているんだろうが、責任共有の範疇なんだよね。
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。