新たに独自の通信プロトコルを持ったIoTマルウェア「Miori」、ソースコードも販売 | トレンドマイクロ セキュリティブログ

blog.trendmicro.co.jp / 1年

トレンドマイクロでは常に日本国内へのサイバー攻撃の監視と対応を行っていますが、その対応の中で「モノのインターネット(Internet of Things、IoT)」を狙うマルウェア「Mirai」の新しい亜種の可能性があるマルウェア検体を入手、解析を行いました。この新たなIoTマルウェア検体では、ファイル名や不正コード内の文字列に「Miori」の文字列の使用が見られました。同じ「Miori」を名乗る「Mirai」亜種のIoTマルウェアに関して、トレンドマイクロでは2019年1月のブログ記事でも報告しています。しかし今回確認された新しい亜種は、従来の「Mirai」亜種とは異なる方法で遠隔操作のためのサーバ(C&Cサーバ)と通信を行うことがわかりました。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

1年前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。