「アジャイルな受託開発」を3年間やって得たもの

ログミー[o_O] / 1年

2019年7月6日、株式会社サイバーエージェントが主催するイベント「Battle Conference U30」が開催されました。30歳以下のエンジニアによる30歳以下のエンジニアのための技術カンファレンスである本イベントには、さまざまな領域で活躍する若手が登壇。企業の枠を超えて、自身の技術・事業・キャリアに関する知見を発表しました。「大規模フロントエンドの技術的負債と向き合う。」に登壇したのは、フォルシア株式会社・松本健太郎氏。登壇資料はこちら

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

1年前

「継続的に価値を届けるために」がこの記事の言いたいことですよね。そのための手法としてアジャイルが最適でもすべての現場で最適とは思わないです。開発とお客さんの信頼関係が築けているプロジェクトがマッチする前提になるのでしょうね。
Pickしました
Ken Ueno

1年前

Pickしました
Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。