MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT

it.srad.jp / 1年

Microsoftが次期Microsoft EdgeでChromiumを採用したことで、Chromiumのコードベースに含まれる侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進んだようだ(Issue 981129、 The Registerの記事)。Microsoftのコントリビューターは7月初め、Microsoft内部で使用している機械学習によるツール「PoliCheck」でChromiumのコードベース...

この記事をPICKする

hatenabookmark
master/slaveのやつとかか!そういうチェックあるんだなぁ
Ken Ueno

1年前

OSSの侮蔑表現を直すのは初めてきいた。これ変数レベルまでチェックするかな...let ho とか(名前づけ時点でナンセンスだが)ぜんぶNGになると結構つらいぞ
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。