読んでてもISUCONのレベルの高さを感じる