なぜエンジニアは経営目線を身につけるべきなのか? Battle Conference U30 2019 基調講演 Part1

ログミー[o_O] / 1年

2019年7月6日、株式会社サイバーエージェントが主催するイベント「Battle Conference U30」が開催されました。30歳以下のエンジニアによる30歳以下のエンジニアのための技術カンファレンスである本イベントには、さまざまな領域で活躍する若手が登壇。企業の枠を超えて、自身の技術・事業・キャリアに関する知見を発表しました。基調講演「技術にまつわる戦略思考」に登壇したのは、株式会社AppBrew代表取締役・深澤雄太氏。エンジニアが経営目線や戦略思考を持つことの意味を説きました。登壇資料はこちら

この記事をPICKする

hatenabookmark
「経営」✕「エンジニア」論は、個人的にかなりエモいテーマの1つです。

深澤さんがコスメアプリを立ち上げたのは、競合他社のエンジニア不足から、踏み込めていない実情を知っていたからです。その上で、自身のエンジニアという強みを発揮した結果だと考えています。

これはコスメに限らず、いまや優秀なエンジニアが組織にいることは「成功できる1つの要因」にもなっています。それだけエンジニアというのが、組織にとって強力な存在になりつつあります。
エンジニアが経営目線を身につけるのと、経営者がエンジニアリングを身につけるのと、どっちがいいですかねえ…。
エンジニアの社長増えると良いですね。
「自分はエンジニアだから経営のことはわからなくていい」とかじゃないよって話(逆もしかり)。
今お世話になっている経営者の方が、「『経営』ができる社長さんは少ない」とおっしゃっていました。
同じような内容だと思います。これはエンジニアに限った話ではないような気もしますね。
kagi_jtms

1年前

Pickしました
Pickしました
岩瀬 旭

1年前

Pickしました
Kouya

1年前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。